ブログBlog

建てる時にこうすればよかった事 Vol.2

2019/01/09

早くも、第二回目の「建てる時にこうすればよかった事 Vol.2」

ということで、前回に続き、すでに新築を建てて住んでいる方々から聞いた
こうすればよかったな!
という、後悔などをお伝えしているシリーズです(*^^*)

第二回目の今回は、「収納」です。

 

収納も前回のコンセント同様、実際に住んでみてから後悔するパターン多いですよね!
過去にお客様から聞いた声としては、次のようなお言葉がありました。

「使っているタンスをそのまま持っていったらデッドスペースが出来てしまったり、埃が溜まってしまう」
「クローゼットに購入を予定していたタンスを入れようと思ったのに、タンスの奥行があり、クローゼットに入りきらなかったので、違うモノに変更するしかなかった」
「新居へ引っ越し前に、持っていた服の一部を断拾離したけど、思っていた以上に多くて、予定していた場所に収納が仕切れなくて、結局収納ケースを購入した」
「洗面脱衣室にもちょっとした収納を付けるべきだった!脱いだ服などを置く場所がなく、結局、何かしらのモノを置くことになり、狭くなってしまった」
「ウォークインクローゼットを一階にも設けるべきだった。畳んだ服を、2階まで運ぶのがしんどい」

といった声を聞くことがあります。

一言に収納と言ってもなかなか難しいですよね。。。
ある程度決まった予算内に抑えないといけない上に、収納スペースと多く取るとその分、居住スペースを削ることになります。
大きさももちろんですが、収納場所の位置も重要ですよね!
必要な場所に、必要な量の収納があるというのが、一番望ましい状態です。
何を何処にしまっているのか、日々使っているものを、何処にしまうことで使い勝手が良くなるのか、ということをイメージしたり、いま使っている収納道具、新居にも持っていく場合、もしくは、新たに購入を検討しているものが決まっている場合、その寸法を、事前に打ち合わせしておくと余計なデッドスペースが出来なくていいと思います。
キレイに収納道具を格納できるだけのスペースを、プラン打ち合わせ段階で話をしておくことで、余計なスペースを生むことなく、空間を有効利用できるようになります(*^^*)

また、間口が狭く奥行が長い収納スペースは、奥に置いたモノが取りにくく、場合によっては、手前に置いたモノを出さないと奥のモノが取れない!といったこともあります。

近年で多いご要望としては、玄関に土間収納やシューズクローゼットが欲しい!というご要望をいただくことが多くなりました。

玄関って、意外と収納するものが多く靴以外にも色々とあります。
人によっては、釣竿だったりスキーやスノボの板だったり、自転車や子供のカートや三輪車といったモノを置きたいという人も居られます。
外に出しておくと、雨ざらしになったり盗難の心配があって不安になる人も居られますよね、、、
でも、土間収納のようなスペースがあるとそういった、外で使用するものを収納することが出来るので、雨や盗難といった心配もありません。

 

そして、上記の写真のようにクローゼット部分を通って廊下にも上がれるような間取りにしている人も多くなってきました。

メリットとしては、玄関に靴などがなく、いつもスッキリしているので急なお客様が来られても安心。
というのがメリットです。
家の住人は、クローゼット側から家に上がりお客様は、玄関側から上がっていただく。という形です。
ただ、デメリットもありクローゼットに上り口を造るため、壁面が減ってしまい、収納能力が落ちてしまうということがあります。

他には、案外見落としがちな収納としてはキッチンに置くゴミ箱スペースです。
住宅会社でも、見落としてしまいがちな部分で新居に住んでみてから初めて気が付く場合があります。
キッチンはいろいろな種類のゴミが出てきます。
地域によっては、分別が厳しい所もあるかと思うのでゴミの分別がしやすいように、2つくらいのゴミ箱が置けるスペースがあると便利ですよ(^^)

いかがだったでしょうか?
かなり、長文になってしまいました、、、(^^;)
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
まだ前回の記事を読んでいない人はぜひ、そちらも読んでみてくださいね(*^^*)

 

前回の記事はコチラ↓

建てる時にこうすればよかった事 Vol.1

CONTACTお問い合わせはこちら