ゼロエネ住宅Zero energy house

02

ゼロエネルギー住宅・
SW工法について

ネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス(ZEH)

私たち高屋工務店は、ゼロエネルギーハウスを推進しています。

日本の政府目標です。
住宅については2020年までに、ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均で ZEHゼッチの実現を目指す。

ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

世界的な地球温暖化ガスの排出量削減の課題で、日本国内においても住宅の省エネルギー化が、最重要課題として位置付けられています。
そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創る(太陽光発電)エネルギー量が多い暮らしに注目が集まっています。
日本政府は2020年までに、標準的な新築住宅での実現を推進しています。

使う電力 < 創る電力

つくるエネルギー つかうエネルギー

発電する量が消費エネルギーより多い住宅を、ゼロエネルギー住宅=ZEH(ゼッチ)と言うのです。

住宅の高断熱性能、高気密性能、省エネ設備機器、
HEMS(「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」)、太陽光発電システム等
を組み合わせ、
エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。

そこで、私たち高屋工務店は、ゼロエネルギー住宅に対応できる、SW(スーパーウォール)工法を取り入れています。

SW(スーパーウォール)工法とは?

SW(スーパーウォール)工法とは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。「快適」「健康」「省エネ」「安心」という観点から、暮らしの質を最高水準まで高め、その違いを実感していただける「暮らしの性能」を追求しています。

こんな経験をしたことは
ありませんか?

SW(スーパーウォール)工法は、日常の悩みを
解決してくれます。

屋内の温度差

「涼しいのはクーラーのある部屋だけ。
廊下に出てトイレに行くと、汗をダラダラかいてしまう。」

「暖かい居間を出ると寒いので、
ついついトイレに行くのを、我慢してしまう。」
「お風呂場の脱衣所で服を脱ぐとき、震えるほど寒い。」

SW工法の家では

「家中どこにいても、快適ですごしやすい。」
「お風呂、トイレ、どの部屋も寒くないから、快適だ。」

床の温度差

「キッチンをフローリングにしたが、
素足で歩けないほど冷たくて、
厚手の靴下とスリッパは必需品だ。」

SW工法の
家では

「素足で歩いても、床がぜんぜん冷たくない。」
「家の中が一年中春のようだ。」

明け方の冷え

「明け方になると肩が冷えて目が覚めた。」
「家の中にいるのに白い息がでる。」

SW工法の
家では

「暖房を消して寝ても明け方まで急激に気温が
下がらないから、安心してやすめる。」

窓ガラスの結露

「窓ガラスが水滴でビッショリ。
レースのカーテンが窓ガラスにはりついて汚れてしまった。」

SW工法の
家では

「家全体がじめじめしていないし、
結露もほとんどなくなって、お掃除が楽になった。」

健康改善にもつながる家づくり

高気密・高断熱の家だと健康改善にもつながります。
高気密・高断熱の家に引越しをした方を対象に体の状態がどう変化したかを調査した結果・・・

健康改善にもつながる家づくり

断熱性能が上がれば上がるほど、改善率が上がる結果がでました。
湿気が少ない、結露が起きにくい家だと、アレルギーやアトピー、気管支炎の原因となる、
「カビ・ダニ」が発生しにくいという特長もあります。

このように、高気密・高断熱・高耐震のSW(スーパーウォール)工法は、暮らしの質を進化させ、
「明るく、笑顔あふれる住まい」を実現してくれます。

CONTACTお問い合わせはこちら