ブログBlog

トイレのおもてなし清掃

2019/10/30

「LIXIL観光地トイレ おもてなし清掃」

「国内外の観光客の方々への“おもてなし”として、

清潔なトイレを使ってほしい」という想いから、

社員が自主的に活動を始めたことがきっかけで始まった活動です。

今年は10/17に開催され、高屋工務店からも2名のスタッフが参加しました。

便器には専用の洗剤を使い、ブラシでしっかりとこすり洗い。

どんな小さな汚れも見逃さないよう、ひとつずつ念入りに掃除しました。

手洗い場には水滴を残さないよう、丁寧に雑巾で拭き取っていきます。

トイレのドアは内・外側を上から下までくまなく水拭きし、

ドアの取っ手も細かいところまでピカピカに磨き上げます。

また床は隅々までしっかりと掃き掃除をし、

ほこりが残らないよう雑巾で拭き掃除をして仕上げました。

 

そうじの成果もあって、トイレはピカピカになりました。

今回はLIXILの活動として観光地のトイレを掃除しましたが、

トイレがきれいだと気持ちいいのは自宅でも同じだと思います。

みなさんはご自宅のトイレはどのように掃除しています?

トイレ掃除の方法をパソコンや携帯できちんと調べて、

掃除を実践してる方は少ないと思います。

でも正しいトイレ掃除の方法を知っていると、

トイレを清潔に保てるだけではなくて、

劣化を防ぐことにも繋がるんです!

トイレは家の中でも使用頻度が高いだけに

不具合が生じることも多いと思います。

実際に高屋工務店にもトイレの不具合の連絡があり、

修理依頼を受けることが度々あります。

いきなりトイレが使えなくなると困りますよね。

日頃のお手入れでトイレの不具合を防ぎましょう!

それでは、トイレの基本の掃除方法をご紹介します。

トイレ掃除は、便器→壁→床の順で行いましょう。

まずは「便器の掃除」をご紹介。

*便器の内側

トイレ用ブラシに中性洗剤を含ませてこする。

*便座、便器の外側はからぶきNG

傷をつけないよう、水に濡らしてよく絞った柔らかい布で拭く。

*ふたやタンクの表面

水拭きでも十分ですが、汚れがひどければ水で濡らして

よく絞った布に、薄めた中性洗剤をつけて拭く。

*便器のガンコな汚れ

ガンコな黄ばみや黒ずみには、湿布式のつけおき掃除が効果的。

*便器の水あか

水あかは、ラップフィルムとクリームクレンザーで簡単に落とせる。

次に、トイレの壁と床の掃除をご紹介。

*床や壁は使う洗剤に注意

壁紙や床材はシミになりやすいので、水で濡らして

固く絞った布に中性洗剤を染みこませて使う。

*「便器と床のすき間」

普通の拭き掃除では行き届かないことが多いので、

汚れが溜まっている可能性が大。

 

基本の掃除方法はここまでです。

次に気をつけてほしいNGなお手入れ方法です。

*便座はからぶきNG

トイレットペーパーは繊維が荒いので、からぶきすると

プラスチックでできた便座に細かい傷をつけてしまいます。

*温水洗浄便座には洗剤をつけない、残さない

温水洗浄便座は、プラスチックで覆われた精密機械。

酸性の洗剤にもアルカリ性の洗剤にも弱いので、水拭きが基本です。

*タンク内には洗剤を入れない

タンクの内部の部品に使われているプラスチックや金属は酸性やアルカリ性の

強い薬品に弱いため、タンク内に洗剤を入ると部品を痛める可能性があります。

*掃除の基本は中性洗剤。長時間のつけおき掃除は絶対ダメ!

洗剤の成分は時間の経過でどんどん空気中に逃げ出していくため、

長時間放置すると空気中の成分濃度が高くなり、洗剤に触れていないはずの

プラスチック部分や金属部分を痛めてしまう可能性があります。

 

トイレ掃除の基本と気を付けるポイントはいかがだったでしょうか。

ぜひご自宅のトイレ掃除をする際に、少しだけ気にしながら

掃除してもらえると嬉しいです!

 

でも結局トイレ掃除は大変なことに変わりはありません。

掃除の負担を軽減してくれるトイレがあることを知っていますか?

LIXILのトイレは掃除をグッとラクにしてくれます!

LIXILのトイレのオススメポイントを1部ご紹介します。

 

落ちるンです。100年クリーン『アクアセラミック』

「新品の時の白さ輝きが100年」続くと銘打つ“アクアセラミック”素材は、

水垢がこびり付かず、汚れが付着しても通常の水流で洗浄するだけで、きちんと落とします。

 

プラズマクラスターでいつでも除菌してるからいつもトイレをキレイキープ

プラズマクラスターイオンが水のかからない便座裏や便器内のすみずみまで行き渡り、

浮遊カビ菌や付着菌を除菌します。

トイレのにおいの元となる「におい原因菌」を除菌することでにおいの発生を抑えます。

便器のスキマ汚れのお手入れがはかどる、“お掃除リフトアップ”

真上にしっかり上がり、お掃除できなかったすき間汚れが奥までラクに拭き取れます。

気になるにおいの元もカットします。

 

その他にもトイレを長く清潔に保てるように考えられた

リクシル独自の技術がたくさんあります。

また超節水のエコトイレなので、環境にも家庭にも優しいです。

最近はトイレのリフォームの依頼も多くなっています。

リフォームとなると大変だと思うかもしれませんが、

意外に手間なくリフォームすることができるんです。

少しでも気になった方はぜひ、高屋工務店にご連絡ください!

無理な押し売りは絶対にしないので、

話を聞くだけでも大丈夫です♪

CONTACTお問い合わせはこちら