ブログBlog

生コン車、ポンプ車再び、、、

2015/02/02

この間の基礎の生コンが固まり

その上に、また枠組み。

こんな感じにある程度、部屋の間仕切りになってるので

部屋割りがなんとなく分かりますね(^^)

再び、生コン車とポンプ車の登場です!

前回と同じように、生コンを流し込みながら振動を与えて空気を抜きつつ

ある程度、コテで平らにしたら

この基礎と、土台をつなぐ「アンカーボルト」をズボッと入れていきます。

入れ終わったら、生コンの水分を取り除きますが、その処理の後が、上の画像です。

 

これは、この後で綺麗に水平を出すために流す

レベル剤と基礎のコンクリートの間に、水分を含むと

割れたり、剥がれたりするのをなくすために、水分を取ります。

こんな感じで、流し込んでいきます。

入れすぎても高さが変わってくるので職人さんも真剣です!

出来上がり♪

あとは、乾いて固まるまで、養生ですね(^^)

CONTACTお問い合わせはこちら