ブログBlog

モコモコ断熱( ̄▽ ̄)

2017/11/11

電気工事が終わり確認も終わったので、断熱材の工事が始まりました(^^)

今回は、いつも行う断熱方法ではなく「吹付発泡ウレタン断熱」を行うので断熱が付いてほしくない部分である、たとえば、床や窓サッシなどに養生を行っています(^^)

若干、写真が青色掛かっていますが気にしないでください( ̄▽ ̄)

この一枚目の写真のようにエアーガンのような道具を使って壁に吹付をすると、その液がどんどん膨らんで固まっていきます。

これが、「吹付発泡ウレタン断熱」で、通常、高屋工務店で行っている断熱より少ない厚みで同じ性能が発揮でき、さらに気密性も高くなります(^^)

1枚目~3枚目までは1F部分の写真で、天井部分に吹き付けてあるとこと無いところがあるのはその天井の上に、2F部分があるからなんです!

断熱は、外部に面した部分だけ行えば十分で内部に施工しても、あまり意味がありません。

3枚目のように、梁と桁の接合部分にも断熱を行うことで、気密性を高めることが出来、

それによって、外部からの空気や音の進入や内部からの空気や音の漏れが、かなり少なくなります。

細かいことですが、この丁寧さで断熱の効果も変わり、エアコンや暖房の効きも変化していくわけなんです(^^)

そして、断熱材の工事が終わったので一気に、家の中の温度変化が少なくなってこれから冬の寒さにも、作業が少し楽になりそうですね♪

CONTACTお問い合わせはこちら