ブログBlog

上棟日和

2016/04/30

ついに来ました!!

上棟日♪♪(^^)/

天気も少し雲がありますが晴れてよかったです(*^^*)

まずは、作業に入る前に

土台の四方と中央に、お塩、お米、いりこ、お酒で清めてから

さぁ、上棟開始です(^^)

まずは、「ともに創る」プロジェクトのひとつで

初めの一本目となる「記念柱」を、棟梁の大工さんと一緒に建てて

記念撮影(^^)

 

記念柱が建て終わったら、手で起こせる他の柱を起こして梁を掛けていきます(^^)

梁を掛け終わったら、建物の耐震性を高めるための金物を付けていきます。

写真は、梁と桁を繋ぐ金物で、「羽子板金物」を付けてます(^^)

写真で分かるように、大工さんは

幅が10㎝くらいしかない梁の上をスタスタと歩いてます。。。

うーん、凄すぎる!!(笑)(^^;)

金物を付け終わったら、土台伏せでも使ったコンパネを置いて釘を打っていきます(^^)

2F部分も、同じように柱を手で建てて梁を渡していったら、屋根の部分の棟を組んでいきます(^^)

屋根を組んだ時に、ちょうどお昼になったので休憩時間を使って、業者紹介をしました(^^)

家を建てるには、いろんな職人さんが携わり

工務店以外の職人さんも来るので、ごあいさつしました!

休憩と業者紹介が終わったら、午後の作業スタート!

 

通常、柱と柱の間に筋違をして、耐震性を上げますが

工務店の工法は、柱と柱にノボパンという「耐力壁」を貼ることで、耐震性を上げています(^^)

簡単に言うと、柱と筋違で支える在来工法と、耐力壁で支える2×4工法のいいところだけを取った

という感じの工法になっています(^^)

屋根は、合板を置いて釘で打ちつけます(^^)

1F部分にある、下屋根も同じように合板で仕上げました( ̄▽ ̄)

と、ここで時間的にも夕方になったので作業は終了!

片づけをして、、、

2Fに祭壇を組んだら、地鎮祭の時のように

お供え物を並べて、工事の安全とT様一家の繁栄を祈願して

男性陣だけで行ってます!

というのも、この式は女性禁制というのが習わしとなっているので

T様と、息子さん、棟梁、監督、社長、営業のみでやりました。

 

お供え物の鏡餅は

家の四方と、階段が付く位置辺りから下に落とします(^^)

御幣は、棟梁さんに屋根裏のところに付けてもらいました(*^^*)

これで工程も終わり、無事に上棟が終わってよかったです(^^)

一部、写真に施主様ご一家の顔ががっつり写っていたので、

ニコちゃんスタンプを貼らせていただいています、、、(^^;)

CONTACTお問い合わせはこちら